monbelのカバンの修理

むかーし買ったmonbelの100L入るカバン。
まぁ年に1回使うくらいなので長持ちしていたのですが
今日使おうかとおもったらば壊れてました。

どこがかというとカバンの底に保護用のプラスチックの足みたいなのがあるのですが
それがペローンとなってしまってまして。

まぁ本来ならば修理だせばいいのですが
すぐ使わないといけないので自分で直しました。

全体像的にはこんな感じ。右上の部分が修理した箇所。

こんなパーツがへし折れておりました。

裏側の穴が直径1cmくらいだったのでネジ的なので
とめてやればいいやとおもって買ってきたのがこちら。
ネジの頭が8.5mmかな。六角レンチのん。長さが25mm。

 カバンの底いれて、カバン内部はこんな感じ。

もしかすると20mmのでも大丈夫だったかもと思いつつ、
家に余ってた机とかイスの足につけてフローリングを傷つけなくするための
保護スポンジでボルト部分を保護してその上からビニールテープでさらに保護しておきました。
ネジ部分はそもそも荷物入れるところからは見えなくなるけど念のため。

直した部分のカバンの底側。

元からそうであったかのように収まってます。

何箇所か同じ感じでとまっているので
もし壊れたら同じ方法でOKぽい。
ってことでこのカバンはまだまだ使えそう。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。